サーフカヤック事始in九州

サーフカヤックの魅力と魔力に捕らえられた初心者シーカヤック乗りが、九州・福岡の海で、一流のサーフカヤック乗りになるまでの夢とロマンのスペクタクル巨編です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

宮崎の波はでかかった

波が私を待っています。
金曜の夜10時、出発 ♪

どう行こうかギリギリまで悩んでいたのですが、
交通状況次第、ということで・・・

県道から3号線へ出て、
大宰府インター横を通過。
快調に流れていますねぇ
混むかな?!と予想していた基山から久留米辺りも、
交通量少なくて快調快調♪
八女を越すと、
私の前はトラックが1台きり。。
そのトラックがまた飛ばす飛ばす・・!
気が付くと、山鹿、植木、熊本、と突破して
一路八代へ
飛ばすトラックの前にもう1台のトラックが・・・
コレがまた飛ばす飛ばす&前の車を煽る煽る!
(このトラックの前だけは走りたくない・・)
午前1時過ぎ、八代インターまでの約150kmの道のりを3時間チョイで走破ですよ!!
夜だと下道でもこんなに速いのですね。。。

要注意:3号線を南下して菊池川を渡って3km前後の場所に
速度取締り機が常設してあります。


予定通り、八代インターから高速に上がり、
いつものえびのパーキングで車中泊。

午前6時に起きて、
えびのインターを降りて国道に戻り、
一路宮崎へ。

おぉぉ、パームツリーが見えます!
サーフカヤックよ! あれが宮崎だ!!

車は国道で木崎浜の裏手に

先ずは行きつけのガソリンスタンドに寄って給油。
(木崎浜には今回で3回目だけれどさ・・・
いつもファミリーマートの隣にあるコスモ石油のガソリンスタンドで
なじみの(?)おじさんと話しながら給油をお願いしてます)
約300kmを走破してガソリン消費は20Lです。
ずーっと高速を走った時よりも良いような

午前8時前、
加江田川沿いの道を海へ。。。
陸橋の下を通り、
良い天気の下、眼の前には太平洋です!
・・・波、でかくない!?・・・
空いてる所に車を停めて、あらためて海を見ます。。
・・・波、でかくない!?・・・

誰か、サーフカヤックで出ていないかなぁ。。。
と、沖を見るもとりあえず誰も・・・
ま、一人でゆっくり楽しみましょう。。

ふと、河口側を振り返ると
何となく見たことがあるよ~なワンボックスがあるじゃないですか

こっちへ来ました

やっぱりそうです、ジェイムズ・M本さんです!
何でもここのところ毎週木崎に来られているそうな・・
気になるのは今晩のこと。
どうするのか尋ねてみるとホテル木崎浜とのこと。
んじゃぁ私も便乗で決まり。

今日は黄色いサーフカヤックですが、
コレが噂の『アポロ007』か・・・!
私の頭の中では、ショーン・コネリー か ロジャー・ムーア か Mモト か・・・
と想像が始まっていましたが、、、
『 ジェイムズ・M本 』
英国紳士のように寡黙だけどタフで明るく優しい力持ちの彼にはピッタリです。
(このぐらい褒めれば、次には握手券&サインがもらえるかもしれません)

さあ海に入る準備です。
で、
気が付きました・・
パドルもPFDもヘルメットも忘れたことに・・・
サーフカヤックだけは、我はココにアリ!
と忘れなかったのですが・・・

貸しましょうか?
と言ってもらったのですが、
とりあえずサーフボードで入りましょう。

サーフ A Go Go !

やっぱり思うけど、
・・・波、でかくない!?・・・
しかもコレがダンパー
正確を期すためにサーフショップの人が確認した波サイズで言いますと、
 胸から肩、セットで頭
という今日の木崎浜です。

波予報でいうと、
福岡も宮崎も青色の海が拡がっている筈
波高で50cmから99cmですね
私の目の前に拡がる海は・・・

宮崎では、メートル法の基準が違うのです。
よく、鹿児島は言葉(方言)が違いすぎるから別の国だ!
なんていう言われ方をしてますが、メートル法は同じです。
でも宮崎の波高1cmは福岡の波高10cmとしか思えない
コレはもう別の国でしょう。


しかし、なかなかスープを突破できません
下手をすると腿以上もあるようなスープが向ってきます
とりあえず1回乗らないことには始まりません。
ダンパー崩れがまた盛り上がってフェイスを作る時点に何とか合わせて、
テイクオフ!
幸先良いですね ♪
が、2回目からがいけません
波の勢いに負けて失敗の連続・・

おかしいなぁ
ナゼ?(って下手だからだけど・・)

気を取り直して、
あらためてアウトにチャレンジ。

セットの切れ目を縫ってアウトへ

沖を見ると
向こうに遠くからでもでかい!と分かるウネリが立ち上がって接近。
太平洋ですね
宮崎ですねぇ
巨大なフェイスが眼の前に・・
通り過ぎたウネリは岸側で更に立ち上がってブレーク!
コレを見ると、
宮崎ですねぇ。。

問題はサイズが大きいとかではなく、
どれがダンパーになる波で、
どれが乗れる波なのか、
さっぱり見当がつかない、ということ。

小さめ(奈多ならビッグウエィブ)を選びに選んでテイクオフ、、、

気持ちの焦りと波が早くて
スタンディングする前にもう崩れて・・
落ちまい!とサーフボードをしっかり掴んで、
だから余計に立てなくて・・・
ものすごい勢いのまま一直線に岸へ運ばれ・・終わりましたとさ・・・

立つことも出来ません
福岡では立てたんだが・・
(こそっと自信を持って宮崎に来たのだけれど、
粉々に打ち砕かれて、ダンパーに潰されました )

その後もチャレンジするも
ぶち当てられ、巻かれ、潰され、押し流されて、落ちて、ダイブして、
第1ラウンドが終了。







スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:5 | ↑TOP |
コメント
お疲れ様でした。
八代までトラックの後ろ。
なかなか知能犯ですね。
トラックをあおったでしょう。(^O^)

でもいい波に当たって良かったですね。
密かに 小波 クローズを願っていましたが・
残念 (^ ^;)ゞ
2008/04/14(月) 16:38:23 | URL | ゴールド免許 青ヘル 天使!! #-[ 編集]
トラックに付かず離れずで・・・・・

波はサイズがありクリーンでしたが、
ダンパー気味で
残念ながら、私の技量では波乗りを楽しむ!
とまでは・・・・・
サーフカヤックでもサーフボードでも
楽しめる技量を早く身に付けたいものです。

2008/04/14(月) 20:29:30 | URL | あっちゃん #-[ 編集]
楽しそうな感じですね。いいないいな。続きも楽しみにしております。
2008/04/15(火) 04:58:03 | URL | jogo #-[ 編集]
ロングがビシッと肩クラスの波のフェイスをとらえてアップダウン・。
こちらの波ではなかなかお目にかからないシーンをみて、ため息が出ました。
でも、こちらの波を乗りこなしたら、宮崎も大丈夫とローカルのサーファーが言ってました。
二丈ではウルトラダンパーの隙を見て彼らはフェイスを駆け回ってますから。
機会があったら 宮崎ご一緒させてください。

やっぱり前のトラック 妙なモンを乗っけた車が付けてくるのが怖くて逃げていたんですね。
(¬ー¬) 
2008/04/15(火) 05:08:38 | URL | ゴールド免許 青ヘル 天使!! #-[ 編集]
えへ、えへ、えへ
波に乗って楽しむ!
と言うわけにはあまり行きませんが、
楽しい宮崎でした。
波乗りに行ったはずなんですが・・・・・

素早く確実な動作!
福岡の波で、鍛え直して再チャレンジです。
波が来ればなぁ
釣川の出入り口に道の駅が出来て、
週末には暫く出入りがし難そうです。

屋根の上にぬいぐるみでも縛り付けて
走ろうかなぁ・・

2008/04/15(火) 09:44:44 | URL | あっちゃん #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

あっちゃん

Author:あっちゃん
ようこそ、King of Minorの世界へ!
のんびりツーリング&激しく波乗り
という全く異なる世界を併せ持つ
カヤックの世界。
あなたもその虜になることを、
心から願っています!

リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。